終了しました

ウィズせっつカレッジ2018
4講目 わたしのままで生きていく勇気と元気
~今度は自分のために生きていこう!~

     

     

 

 

ウィズせっつカレッジ後半の4講目は、Yahoo!JAPAN創設メンバーや、スペインで「ほぼ日刊イトイ新聞」ライターなどをつとめたのち、神戸でリベルタ学舎を立ち上げられた湯川カナさんをお迎えしました。
「わたしらしい」って何? 「わたしらしく生きる勇気と元気」ってどんなこと?などこれまでの失敗談や経験を交えて、お話しいただきました。Self Esteem(第3者に認められる)より、Self Respect(自分自身を認める)を大事にする生き方を、スペインでの子育てから学んだ湯川さん。これまでの「良い」を求める価値観からの転換で、子育てうつから抜け出したとか。エラーを恐れずに何度でもトライしてみればいい。相手に任せるのではなく、自分で責任をもって自分の幸せをつくる生き方を求めてほしい。そのための生きる知恵と力をみんなもっているよ!と語ってくれました。最後に「見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなりなさい」というマハトマ・ガンジーの言葉をプレゼントして、講座を終えました。

受講生の感想より
・年代的に古い考え方に縛られているところがあり、自分らしく自分の好きなことをするというのはなかなか難しく、罪悪感をもってしまう。でも、人生100年時代の今、とても大切なことだと改めて気づかされました。
・自分自身の枠にとらわれながら生きてしまっていることに気づかせてもらいました。
・自分らしくやりたいことをやる勇気をもらえました。人の目を気にせずやっていきたいと思います。
・失敗することを恐れていた気がしました。やりたいことにチャレンジしていきたいと思いました。
・仕事も子育て、介護(看病)も終え、たった一人(一人暮らし)になった今、これからの人生を前向きに生きていこうという気がふつふつと湧いてきました。

日時 平成30年9月7日(金)午前10時~12時
講師 湯川カナ(リベルタ学舎代表、コラムニスト)