終了しました

おいしい防災塾「子育てママの防災お菓子ポシェットをつくる会」報告

 

       

 

           

 

講師の西谷真弓さんは、災害時に一人でも不幸な子どもをなくしたいという信念をお菓子ポシェットづくりに託して活動されています。乳幼児を持つ保護者が避難に必要な防災グッズの選び方や、必需品をふだん家に有るもので応用できる方法を学びました。また、子どもに持たせるお菓子ポシェットの中に、家族の写真や子どもの情報を入れておくなど、いざというときの備えになるお菓子ポシェットをつくりながら、楽しく防災を学べる内容でした。
受講生の感想
・とても楽しく学べました。一時預かりもあってよかったです。
・わいわいとみんなで作ることが楽しかったです。子どもも当然大事ですが、自分も大事にすること。
・普段防災について考えることがなかったので、いい機会になりました。
・防災について楽しく学ぶことができて、ポシェットつくれたのでよかったです。
・楽しくつくれてよかったです。子どもも喜びそうなかわいいポシェットができました。
・防災について考えるきっかけと、安心安全に暮らせる毎日への感謝の気持ちが広がりました。
・防災意識が高められ楽しくできてよかったです。
・一人ひとり意識することがとても大切だと思いました。有意義な時間をありがとうございました。  
・体験をもとにした内容だったのでとてもよかったです。
・家の持ち出し品を再度見直すきっかけになりました。

日時 平成30年3月9日(金) 午前10時~12時
講師 西谷真弓(一般社団法人 おいしい防災塾代表理事)