終了しました

男女共同参画セミナー/ウィズせっつカレッジ2017入学記念講演
誰もが輝く明日のために
~世界の女の子、日本の女の子~

 

 

午前中の映画上映に続き、大崎さんからは「なぜ女の子支援が重要か」についてお話しいただきました。国際機関での女性支援の経験も交えながら、女性への経済的自立支援が家族やその地域全体に大きく影響すること、大人の女性と少女では分けて考える必要もあること(若年女性特有の脆弱性)、また子どもへの支援も、一律に「子ども」として捉えるのではなくジェンダーに配慮した施策が必要であることを具体的に説明されました。また、それは外国だけのことではなく、日本においても例えば震災被災者への支援や自殺防止等においても男性と女性ではニーズが違うことにも触れられました。
最後に、日本の少女たちのエンパワメントに有効な方向性は?と会場からの質問に、自分自身で考えて自分で決めること、経済的に自立すること、困った時には人に助けを求める力(受援力)を身につけることと答えられたのが印象的でした。

 

参加者の感想から
・発展途上国の世界の情勢、女性が教育を受けることのむつかしさ、具体的な例をあげて下さってとてもよく分かりました。
・ガールズエンパワメントが社会全体、次世代へも効果が波及していくことだと知った。
・午前中の映画から見たので大崎さんの話がより伝わった。世界の遠いところで起こっていることでなく、今の日本にも通じることがある。女性だけでなくガールズ(少女たち)の問題を考えなければ。
・地方創生と女の子のエンパワメントが関係していることについて新たに認識を深める事ができた。
・論理的かつ情熱的、とてもエンパワーされました。
・日本の女の子のエンパワーメントの話をもっと聞きたかったです。

 

日時 平成29年6月18日(日)午後1時30分~3時30分
講師 大崎麻子(関西学院大学客員教授、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン理事)