終了しました

東日本大震災3月11日を忘れない 
子連れ防災イラスト展 

子育て防災プロジェクトの小畑祥子さんのセミナーに先がけ、大震災被災地である宮城県多賀城市在住のイラストレーターアベナオミさんが、熊本地震の際に描きSNSで発信した防災対策イラスト、NPO法人ママプラグ発行の「子連れ防災手帖」から、子育て中の家族の震災体験漫画など、女性視点での防災パネルイラスト展を開催しました。

2月22日に、コミュニティプラザの情報スペースから、エントランスホールに移り、平成25年にウィズせっつの講座で制作した男女共生防災かるたも併せて展示しました。

市民の感想
 子どもがいる、いないに関わらず、地震があった時にかなりわかりやすく、参考になりました。
・絵が可愛かった。自分のところに同じような被害があったらと考えるきっかけになった。
・親しみやすいイラストで当時の被災されたことを描かれていたのでわかりやすかったです。べつの用事でコミプラに来たのですが、これを見ることができて良かったです。
・一緒にいてくれる人(家族・・・とか)一緒にがんばる人がいるだけで大災害の経験もぜんぜんちがうものになるなー
・イラストにすることで、怖いとかはなくなるけど、本当に甘くみてはいけないと思います。この震災は大阪に住んでいても船酔いがするような揺れを感じたので、その場にいた人は大変だったと思います。特にお子さんがいるような家庭、お年寄り、障がいを持っている家庭、あと一人で住んでいる方、みなさんパニックになられるのは無理ないと思います。 やはり、近所づきあいが大切だと思いました。なかなか難しい世の中ですけど、「助けて」と一言、言うだけで助けてくれる人が必ずいることをいつも思っています。私もそういう人になりたいです。イラストありがとうございます。 

日時 平成29年2月12日(日)正午~3月2日(木)正午
会場 コミュニティプラザ1階
問い合わせ先 摂津市立男女共同参画センター 06-4860-7112