終了しました

ウィズdeシネマ
「フレンチアルプスで起きたこと」

 

《映画のあらすじ》

フランスの高級リゾートにスキー・バカンスにやってきたスウェーデン人一家。スマートなビジネスマンの夫と美しい妻、愛らしい2人の子どもたちの誰もがうらやむ理想的なファミリー。バカンス2日目、スキーを楽しみ山際のテラスでランチをとっていると、突然轟音が響いて雪崩が発生しテラスは大パニックにおちいる。幸いにも雪崩は直前で止まり、スキー場はすぐに笑いと活気を取り戻すが、その瞬間、妻子を置いて逃げ出した夫の行動が家族の間に波紋を広げ始める。

家族に危険が及んだら、我が身を捨てても家族を守るのが父親の役目なのか?理想の夫像や母親としての正しさにとらわれる妻と、どうすればその期待に応えられるのかがわからず泥沼にはまり込んでいく夫。日常の「あるある」を発端として、家族や夫婦のあり方から、自分を縛っているものが何なのかというところまで考えさせられる作品。

受講生の感想から
・家族を守るべき夫が予期せぬ出来事に会うと、とっさに自分の身を守る行動をするのは人間の本能なのか?家族を愛していると思うのに・・・。
・答えの出ない問題だと思った。
・男性と女性の考え方の違いであって、男性の言い分もわかる、女性の気持ちもわかる・・・こうあるべき、とは言えないのでは?

・自身も似た体験がありました。
・すごくいい映画でした。女性・男性それぞれに共感できるし、いろんな登場人物の背景にまで想いを馳せることができました。

日時 平成29年2月14日(火) 午後2時~4時30分(上映時間118分)
参加人数 14名