終了しました

男女共同参画セミナー/ウィズせっつカレッジ2016入学記念講演


歴史を輝かせた女たち

今年の男女共同参画セミナーは、小説家の玉岡かおるさんをお迎えして、男女共同参画の視点から、玉岡さんの作品に登場する女性たち―広岡浅子、ヴォーリズ満喜子、鈴木よね、孝謙称徳天皇―を語っていただきました。彼女等の生き方と時代背景、大阪商人の心意気などが、豊富な映像資料と共に伝わってきました。
人は誰も生まれた時代の制約を受けずに生きることはできませんが、懸命に生きた女性たちの様々な蓄積で、社会は変わってきたのだと感じました。
華族令嬢の一柳満喜子と外国人ヴォーリズの結婚など不可能と思われた時代に、満喜子を「負けんとき」と励まし、背中を押したのが広岡浅子でした。先見の明があり、勇気のある浅子の人柄が偲ばれます。また、浅子と信五郎、満喜子とヴォーリズという夫婦の関係もその時代には珍しく、男らしさ女らしさにとらわれず対等な関係でした。
男女共同参画とは、女性と男性が敵対することではなく、お互いの個性を認め合い助け合うこと、という玉岡さんの言葉が心に残りました。

 



受講生の感想から
・男女共同参画の視点で挙げられた歴史上の人物、とても参考になり、あらためて著書を読みたいと思った。
・豊富な映像と飽きることない語り口と相まって聴き入った。
・女性の生き方の歴史など興味深いお話がたくさんでとても中身の濃い時間でした。すばらしいお話でした。朝ドラの話で楽しかった。
・大阪の歴史、魅力、大阪人の生き方を網羅していて、関西の町を歩くのが楽しくなる内容だった。
・現代に至るまで女性は大変な歴史を歩いてきたことが良く解りました。

日時 平成28年6月18日(土) 午後2時~4時
講師 玉岡かおる(小説家)