終了講座

ココロをつなぐハンドメイドの会


「女性に対する暴力をなくそう」という思いを込めて、
パープルリボンの革ひもアクセサリーとタペストリーを編む

報告

かぎ針編みのタペストリーは、DV防止の意思表示です。全6回の講座の中で手編みをしながら、子育て、夫婦、家族のことなど、日々の暮らしのことをおしゃべりし、「女性への暴力」について考えました。4年前に始まったタペストリーづくり。今年は、これまでタペストリーづくりに関わった有志が「ハートto ハンドメイドの会」(男女共同参画推進団体)となり、講師としてデザインや編み方の指導をし、受講生とともに作成しました。タペストリーはウィズせっつフェスタ2012でこれまで作成した3作品とともに展示します。

 

講座の中で自分のためにパープルリボンをあしらった皮ひもアクセサリーも作りました。