終了講座

せっつ女性大学2011 報告


~自分らしい生き方、働き方を考える~                        

樋口恵子さんを講師に迎え7月2日、「人生100年時代の新しい生き方、働き方」をテーマにした公開講座から「せっつ女性大学2011」がスタート。12月6日の卒業式まで全10回の講座を終了しました。
前期コースの修了生は4名。後期コースは23名でスタートしました。卒業式では21名が『わたし宣言』の発表を行い、修了証書を手に女性大学を卒業しました。
認知症の方を支えるつどいの場づくり、子育て中の親子が気軽に参加できる韓国料理や簡単クッキング教室の開催、笑顔のある居心地のいい家庭づくり、ママサークルから地域の活性化、高齢者の働き方の提案など、これから取り組みたい課題や思いを、それぞれの言葉で『わたし宣言』として発表しました。

<参加者の声>
・大学と聞いて尻込みしていた私ですが、『わたし宣言』は必ず成功させます。
・大学の受講により生活にメリハリができました。内容も思っていたより充実しておりハードでしたが、参加のみなさんも素晴らしくとても有意義でした。
・みなさんの素晴らしいスピーチは、どれも重みがあり、また、優しさも感じられ素敵でした。
・大学で学んだことをこれからの生活の中で活かしていきたいと思います。『わたし宣言』の発表はとても緊張しましたが、達成できた喜びを味わうことができました。


卒業式では一人ずつ『わたし宣言』を発表しました。


 


2011年度修了生で記念撮影をしました