講座案内

男女共同参画市民企画協働事業 チャレンジ企画


認知症になっても地域で共に暮らす
~あかるく、あたまを使って、あきらめない~

 

認知症の人は全国で462万人、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症とその予備軍といわれています。「自分が認知症になったら」「家族がもしかしたら認知症かも」。今や他人ごとではありません。認知症について正しく理解し、自分や身近な人が認知症になっても、自分らしく暮らし続けるための知恵やヒントをみんなで学び、考えます。

 

日時 平成27年8月22日、29日(土) 午前10時~12時   
会場 摂津市立男女共同参画センター交流室
(摂津市立コミュニティプラザ内)
定員 20名
対象 摂津市在住・在勤・在学の方
参加費 無料
一時預かり あり(1歳6カ月~就学前児)8月18日(火)までに要予約
企画・運営 つどい場「輪」
申込受付 8月1日(土)から受付
問い合わせ先 摂津市立男女共同参画センター 06-4860-7112

 

日時

テーマ

講師

1

8月 22日(土) 共に生きる社会とは?~認知症の人の声に耳を傾ける~ 沖田裕子<特定非営利活動法人 認知症の人とみんなのサポートセンター代表)

2

8月 29日(土) 脳活性化!みんなの認知症予防ゲーム 高林実結樹(特定非営利活動法人 認知症予防ネット理事長)