報告

せっつで一番

パパの家事・育児自慢写真コンテスト
表彰式&写真展                            

子育てや家事に積極的に関わる父親を撮影した写真を、平成24年9月1日から10月1日まで募集しました。その意義は、男は仕事、女は家庭といった性別役割分担意識にとらわれず、家事・育児を男女がともに協力して支えあうことができる男女共同参画社会を推進することです。

27名の方から43作品の応募があり、その中から入賞7作品を決定しました。そして、ウィズせっつフェスタ2013にて、入賞者の表彰式を行いました。

入賞作品および全応募作品は、表彰式の後3月16日まで、コミュニティプラザエントランスホールに展示しました。

 

少子化の流れを変え、男女ともに子育てや介護をしながら働き続けることができる社会を目指して、摂津市においてパパの家事・育児参画キャンペーンを開催して3年目です。厚生労働省の平成23年雇用均等調査によると男性の育児休業取得率は2.63%、一方女性は87.7%です。
「パパ・ママ育休プラス」などを含む、改正育児・介護休業法が平成22年6月30日に施行されたこともあり、男女共同参画センターでは、父親も子育てができる働き方をするための環境を整え、ファザーリング(父親であることを楽しむ)理念を広めることを目標に、NPO法人ファザーリング・ジャパン関西と協働して「せっつパパスクール ~子育てを楽しもう~」を実施しました。
父親が家事や育児に積極的に関わることで、母親の育児の負担感や孤立感を解消できます。また、男性の働き方を見直すことで、企業や社会の意識の変革を促すことになります。

表彰式日時 3月9日(土) 午前10時~10時15分 
展示期間 3月9日(土)~16日(土)
会場 摂津市立コミュニティプラザ1階 エントランスホール

入賞作品

 

市長と入賞者、ご家族のみなさん

 

 

応募作品展示風景