講座案内

ウィズせっつフェスタ2014プレ講演


東日本大震災から3年 あの日を忘れない

 

~つなぐ・ひろがる みやぎの女性たちの復興支援~

被災地では、仮設住宅でのDV被害者殺傷事件が起こるなど、DVや虐待が深刻化しています。東日本大震災で甚大な被害があった宮城県において、長年、子どもと女性への暴力防止の活動をしてきたNPO法人ハーティ仙台代表の八幡悦子さんは、震災後、被災地女性と全国の支援者との思いを結ぶことを目的に、みやぎジョネットを起ち上げました。宮城の地で「ピンチをチャンスに」を合言葉に、被災地の女性を支援しながら、防災と復興政策への提言を行っています。八幡さんには女性のための相談業務や、被災地におけるDV・性暴力防止の啓発事業から見えてきた課題を語っていただきます。
震災から3年。まだまだ遠い道のりである被災地の復興。私たちは何ができるのか、一緒に考えましょう。       チラシPDF
日時 平成26年2月15日(土) 午後1時30分~3時 
会場 摂津市立コミュニティプラザ3階 コンベンションホール
講師

八幡悦子()

(NPO法人 ハーティ仙台・代表理事、みやぎジョネット・元代表、公益財団法人 せんだい男女共同参画財団理事、助産師)

定員 80名
対象 摂津市在住・在勤・在学の方
参加費 無料
一時預かり あり(1歳6ヵ月~就学前児 先着順) 2月10日(月)までに要予約
手話通訳 あり
申込受付 14()から受付
その他 26()16()コミュニティプラザエントランスホールにて、震災関連展示も行います。